本文へスキップ

奈良県の訪問専門の鍼灸・マッサージなら、各種健康保険取扱ほほえみ訪問治療院」です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-652-891
〒635-0074 奈良県大和高田市市場764-1

ご家族様へto family

お困りではないですか?

寝たきりの患者様の筋肉の弱りや、関節のコワバリはご家族様が思っている以上にご本人は辛いのです。

施設写真

ご家族の皆様へ

患者様の介護お疲れ様です。

今や超高齢社会に突入し、いくら介護施設が増えて介護保険が使えても

介護保険の限度額の問題もあり思ったほどヘルパーさんにも来てもらえず、

結局のところ家族間介護や老老介護になってしまい、

ご家族様の負担は増える一方です。

そんな時に!


1、寝たきりのお父さん(お母さん)がせめて自力で座れるようになれば助かるのに!

2、せめてベッドから車椅子まで自力で移動できたら楽なのに!!

3、せめてトイレにだけでも自力で歩けたらどんなに助かるだろう!

4、お父さん(お母さん)の半身不随がもう少し動いてくれれば…

5、この関節が動くようになれば家族の手を煩わせる事が少なくなるのに!



と思った事はありませんか?

当院では、患者様の現症状の回復を計り、介護施設で生活の補助、お手伝いをお任せし

そして主治医の先生とも共に連携を取りながら手を携えてご家族様の負担の軽減を

目指したいと思っております!

もう家族だけで悩まないで、当院にもその苦しみを分けて下さい。

きっと患者様の病状が今より少しでも回復し

以前のようなご家族の皆様が笑ってすごせる生活を取り戻せるように手を取り合って頑張りましょう!!


  
                      ほほえみ訪問治療院 
院長 和田 定信

当院では「寝たきりにならない身体作り」を推奨しています。

まだなんとかギリギリ歩ける方も、結構元気に歩ける方も是非ここを参考にしてください。



当院では「貯筋しましょ」のコンセプトのもと高齢者の方でも効率よく筋力アップできる特殊な「スパイラル筋トレ」を実施しております。

より濃厚で高度な医療を目指して日々研鑽しております。

訪問マッサージ・鍼灸って?

機器写真

我々が手掛ける訪問リハビリマッサージは、

杖をついてしか歩行できない方、短い距離しか歩けない方、

歩行時に痛みを伴う方、自力での通院が不可能な方、

(寝たきりの方、脳障害等で身体に麻痺のある方、

関節拘縮により歩行が困難な方など)に対してお宅へ伺い、

各個人の症状に合わせた鍼灸やマッサージを

医療保険を使って行います。


高齢者には寝たきりで外部とのコミュニケーションがとれず、

内に閉じこもってしまう方もいます。

その様な方々に鍼灸やマッサージを通して、直接身体に触れたり話をすることで、安心感や

心地よい気持ちを高め、そして一人でも多くの方の身体の向上を支援していく

お手伝いをしたいと考えています。



また、訪問鍼灸・マッサージは定期的に患者様宅を訪問できるので目標を設定しやすく、

経過観察も行なえ治療効果もしっかり確認ができるので我々鍼灸師・マッサージ師としても

とてもやりがいがある仕事です。

一人暮らしの高齢者さんに対して施術者がご家族様の目になって

患者様のご様子に変化があればすぐにお伝えする事もできます。

これから訪れる超高齢社会に向けて需要はますます高まることは疑いようがありません。



私たちを必要としている方がたくさんいらっしゃる現実、その期待に応えたい気持ちで

いっぱいです。患者様やそのご家族様の笑顔が私の励みなのです。


親が・・自分が・・家族が寝たきりになるかもしれない・・という漠然とした社会不安。

13人に1人が寝たきりになる。=4家族に一軒が寝たきりの負担を負う。

残念ながら日本は「寝たきり大国」の汚名を着せられている。

寝たきり老人は1993年の90万人から、 2000年には120万人に増加したとみられる。

老齢人口の急速な増加に伴って、この数は2010年に170万人、

2025年に230万人に達すると予想されている。

65歳以上の人口2,900万人のうち230万人が寝たきりに・・

そのような大変な時代がすぐそこに迫ってきています。


それなのに、現在の医療制度ではリハビリに日数制限が設けられ、

180日をもって病院内でのリハビリは続けられないという状況はご存じでしょうか?

今、リハビリに関わる方々の間では、我々が行っている訪問リハビリマッサージは

注目を集めざるを得ない状況ともなっています。


しかし、自宅でのリハビリが必要な方にまだまだ我々の行っている

訪問リハビリマッサージは認知していただいていない。

世の中に広く認知されるようになるには、少し時間が掛かるかもしれませんが、

これらのいわば眠っている患者さん達に情報をお伝えしていくのも、

我々の使命の1つだと思っています。


この訪問鍼灸・リハビリマッサージでは特に大切なこと…忘れてはいけない事があります。

それは、心の底から常に患者さまを思いやる気持ちです。

鍼灸・マッサージの技術も勿論とても大切ですが、人間性=人を思いやる気持ちを持つことが

最も大切だと考えております。

その気持ちを忘れずに、訪問鍼灸・リハビリマッサージを通じて地域活動に幅広く

貢献していきたいと思います。

「寝たきりゼロを目指す!!」

常日頃から健康管理に留意して、病気になってもリハビリや介護によって

寝たきりを防ぐことができるのです。

寝たきりを発生させないことを目標に寝たきり老人ゼロ作戦が展開されています。


寝たきりゼロへの十か条

第1条  脳卒中と骨折予防 寝たきりゼロへの第一歩

第2条  寝たきりは、寝かせきりから作られる。過度の安静 逆効果

第3条  リハビリは、早期開始が効果的 始めよう ベットの上からの訓練を

第4条  くらしの中でのリハビリは、食事と排泄 着替えから

第5条  朝おきて、まずは着替えて身だしなみ 寝・食わけて 生活にメリとハリ

第6条  「手は出しすぎず 目は離さず」が介護の基本 自立の気持ちを大切に

第7条  ベットから、移ろう移そう車椅子 行動広げて機器の活用

第8条  手すりつけ、段差をなくし、住みやすく、アイデア生かした 住まいの改造

第9条  家庭(うち)でも社会(そと)でも、よろこび見つけ、みんなで防ごう閉じこもり

第10条 進んで利用、機能訓練・ディサービス、寝たきりなくし、人の和 地域の和


我々施術者もご家族も、寝たきりゼロへの十か条を理解して、

介護に生かしていくことが大事です。

訪問鍼灸・リハビリマッサージを通して、

高齢者の方の心身の状態に合わせて実現可能な目標をご本人・ご家族と

一緒に立てて行きます。

そして、ご本人様ができることは、自分でやってもらうようにします。

できないことは、なぜできないのか?その原因や理由を探って

本人ができる方法があれば助言してあげたいと思っております。

日頃のコミュニケーションの中から、身体と心の健康状態を読み取って
適切な対応をします。

このようにして、家族とともに高齢者が寝たきりにならないように、予防と介護をしていくことができるのです。



奈良県知事出張業務開始届出済証第400号

日本訪問マッサージ協会 正会員

ほほえみ訪問治療院
ビルダークリニック
〒635-0074
奈良県大和高田市市場764-1
フリーダイヤル0120−652−891
090−6603−3452

スマートフォン版

PC版


24時間相談受付中!!
治療・無料体験前の疑問や不安はこちらに            お電話無料♪   老後には、 はりきゅう1番!!


一番上へ