五臓の色体表) ■

この色体表は、主として素問の陰陽応象大論より取り出した診断法で、同時に治療の指針となるものです。
但し、これは絶対的なものではありません。診断と治療のヒントを得る事が出来ます。

五臓 ・心包(絡)を加えて六臓と呼ぶこともある
五腑 小腸 大腸 膀胱 ・三焦を加えて六腑となる。
  三焦に対するものは心包である。
五行 木性 火性 土性 金性 水性 ・たとえば水潟は水に属するから
  腎を用いるというように用心。
五親 水子 木子 火子 土子 金子 ・相性の関係。<例>水の子は肝で、
  腎と肝の相性関係を示す。
五竅 ・五官の所属。目が悪ければ肝を
  治療するなどに応用。
五主 血脈 肌肉 ・五臓から栄養を補充するもの。
 <例>皮膚病では肺、大腸を治療。
五支 毛(面色) 乳(唇) ・五臓の精気が発する所。
五李 土用 ・季節の配当。
 <例>春には肝を病みやすいなど。
五方 中央 西 ・方位の配当。
五兄弟 甲乙 丙丁 戌己 庚辛 壬癸 ・十干の配当。
五色 ・色の所属。患者の皮膚の色をみて診断。
 <例>青い場合は肝病。
五香 アブラクサシ ・香気の所属。患者の体臭や口臭などをみる。
五味 ・味覚の所属。患者の好む食。
 また五臓の求める味。過食は害。
五悪 湿 ・五臓のきらう外気の性状。
五志 喜(笑) 思(慮) 悲(憂) 恐(驚) ・感情の所属。<例>怒るは肝病。
 激しい怒りは肝を傷つける。
五精 意智 精志 ・精神の所属。<例>腎は精と志をつかさどる。
 神は心に属す。
五液 ・分泌液の所属。<例>肝が弱まると涙。
 涎は脾から生ずる。
五変 しゃっくり ・五臓の病変の発現(症状)。
五役 ・五臓の受け持つ役割
五声 ・病人の出す声の所属
五音 ・音階の専門的熟語
五調子 雙調 黄鐘 一越 平調 盤渉 ・音律の専門的熟語
五位 ・八卦(易)の割りあて。
生数 ・五行発生の数理原理
成数 ・生数に地の数五を加えると成数となる
五殻 ・五臓の食物や薬用になる穀物
五畜 ・五臓の食物や薬用になる動物
五菜 豆葉 ・五臓の食物や薬用になる野菜
五果 ・五臓の食物や薬用になる果実
五経 足厥陰 手少陰 足太陰 手太陰 足少陰 ・五臓の属する経路

(山田光胤 ・代田文彦著 図説 東洋医学より)